決めるのは自分です


監視カメラ昔のカメラと分かるカメラはいわば曝け出されている兵器です。犯罪者に対しては威嚇にもなりますが、どこを向いているか一目で分かりますのでその隙をつけば犯罪は可能です。つまり性能を見せてしまっているのです。また逆に何の関係もない一般の人にとっては、見られているという圧力以外ありません。ただ商品をみるだけの行動をとったとしても、万引きと間違われるのではないか?という不安がでてきます。家庭用でもそれは同様なことがいえるでしょう。そのため設置にはいろいろなことを考えなくてはいけません。

一台ではなく数台設置し、死角を無くすことが求められます。また部屋の中には隠しカメラを設置することをお勧めします。監視カメラで抑止を高めることは可能ですが、一度侵入されるとカメラ(証拠)を潰すという行動にでる場合があります。隠しカメラを室内に設置することにより、それを防ぐことは可能なのです。カメラ自体の設置はそう難しいものではありません。有線式もありますし、無線式もあります。またウェブカメラやネットワークカメラを利用することにより、別の場所からでも確認することが可能です。警備会社のステッカーが貼ってある家がありますが、あれはこの家にはそのシステムがあるという抑止力を狙ったものです。抑止力を狙うのか、それともご近所への圧力を減らすため設置を示さないのか、それは設置するあなたの考え方次第で変わってくるのです。