監視カメラの未来


警備員監視カメラは現在では街のあちこちで見ることができます。監視カメラは警察が管轄する交通モニターや防犯カメラから金融機関、一般商店、家庭用カメラなど全国各地に普及しています。警察のカメラはかなりの数のカメラを管轄地にて一度に確認することができ、その作業にはかなりの人数が必要となります。最近ではカメラそのものだけでなく、解析や分析技術が向上し、登録している人物がカメラの前を通ると発見することが可能となっています。その技術はたとえ顔の一部を隠していても判別が可能だそうで、この技術は顔認証システムとして利用されています。このようなシステムには最新技術、つまりはかなり高額な資金が必要であり、一般家庭とは何の関係もないような気がする人がほとんどでしょう。

GPSをご存知ですか?人工衛星により現在地を確認するシステムで、カーナビからスマホへと当たり前のように手元にあるシステムですが、このシステムは元は軍事用として開発されたものです。民間用のGPSカーナビの登場は1990年でマツダと三菱が共同開発してもので、市販モデルとしては翌1991年にパイオニアから登場しました。30年に満たない間に簡単に手に入るようになったのです。監視カメラも同様のことがいえるようになるでしょう。現在の最新技術が民間に下り、そして一般家庭に入るまでそう長い時間はかからないはずです。また監視カメラや統括するシステムは簡素化され一般家庭で使うことはそう難しくはないのです。