決めるのは自分です

監視カメラ昔のカメラと分かるカメラはいわば曝け出されている兵器です。犯罪者に対しては威嚇にもなりますが、どこを向いているか一目で分かりますのでその隙をつけば犯罪は可能です。つまり性能を見せてしまっているのです。また逆に何の関係もない一般の人にとっては、見られているという圧力以外ありません。ただ商品をみるだけの行動をとったとしても、万引きと間違われるのではないか?という不安がでてきます。家庭用でもそれは同様なことがいえるでしょう。そのため設置にはいろいろなことを考えなくてはいけません。

一台ではなく数台設置し、死角を無くすことが求められます。また部屋の中には隠しカメラを設置することをお勧めします。監視カメラで抑止を高めることは可能ですが、一度侵入されるとカメラ(証拠)を潰すという行動にでる場合があります。隠しカメラを室内に設置することにより、それを防ぐことは可能なのです。カメラ自体の設置はそう難しいものではありません。有線式もありますし、無線式もあります。またウェブカメラやネットワークカメラを利用することにより、別の場所からでも確認することが可能です。警備会社のステッカーが貼ってある家がありますが、あれはこの家にはそのシステムがあるという抑止力を狙ったものです。抑止力を狙うのか、それともご近所への圧力を減らすため設置を示さないのか、それは設置するあなたの考え方次第で変わってくるのです。

威嚇と抑止の難しさ

監視カメラではなぜ高性能で目立たないカメラが開発されたのでしょうか?目立つカメラが抑止力になり、それですべてを補えるのであれば、目立たないカメラは開発されませんでした。またこのようなカメラは犯罪が起こったあとに、逮捕する目的ばかりで設置するのではありません。犯罪者を作るために使用されているのではないのです。目立たないカメラが作られた理由は、犯罪を犯す人以外にあります。目立つカメラは犯罪の抑止になりますが、監視しているという圧力を与えることになります。犯罪予備軍にはそれで構わないのですが、そのようなことを考えたこともない一般の人にしてみれば迷惑以外ありません。

国の防衛を考えてみてください。仮想敵国に対し、攻撃をしても防衛兵器で対応すると発表はしますが、常にその兵器を出しっぱなしではありません。どのような兵器かその性能は機密情報になっています。これはその兵器を超えるもので対応すれば攻めることが可能となりますので、細かいところは発表しないのです。また一般市民に対しても、兵器が常に晒された状態は精神衛生上よくありません。外に対してと、関係のない一般人に対して同じ対応ではなく、最も適した行動をとらなくてはいけないのです。これは防犯対策も同様のことがいえるのです。

カメラ設置の難しさ

女の子監視カメラ設置をするには技術が必要です。この技術というのは取り付け、管理システムを設置する技術という意味もありますが、もう一つ重要な意味があります。インターネットでは様々な監視カメラが販売されていますが、業者専用のカタログを見てみると意外なものが販売されています。それはダミーカメラです。ダミーカメラとは写す機能は備わっておらず、形だけがカメラと分かるものです。これがなぜ販売されているか?それは抑止のためです。ダミーカメラはただカメラの形をしているのではなく、本物のカメラのように動きますし、光ります。本物のカメラとダミーを設置することにより、少ない予算で抑止することが可能なのです。

最近ではカメラは高性能となり、一見カメラと分からないカメラも登場していますし、広角に映し出せるカメラなども販売されています。設置する技術というのは、これらカメラの性能を理解し、死角を無くすことも当然ですが、それ以上に何の目的でどのように活用するか、それを総合的に判断しなくてはいけないということです。カメラが目立つものであれば、写されていると認識することができます。見ていると分かっているのであれば人は、犯罪をする人は少ないのです。

監視カメラの未来

警備員監視カメラは現在では街のあちこちで見ることができます。監視カメラは警察が管轄する交通モニターや防犯カメラから金融機関、一般商店、家庭用カメラなど全国各地に普及しています。警察のカメラはかなりの数のカメラを管轄地にて一度に確認することができ、その作業にはかなりの人数が必要となります。最近ではカメラそのものだけでなく、解析や分析技術が向上し、登録している人物がカメラの前を通ると発見することが可能となっています。その技術はたとえ顔の一部を隠していても判別が可能だそうで、この技術は顔認証システムとして利用されています。このようなシステムには最新技術、つまりはかなり高額な資金が必要であり、一般家庭とは何の関係もないような気がする人がほとんどでしょう。

GPSをご存知ですか?人工衛星により現在地を確認するシステムで、カーナビからスマホへと当たり前のように手元にあるシステムですが、このシステムは元は軍事用として開発されたものです。民間用のGPSカーナビの登場は1990年でマツダと三菱が共同開発してもので、市販モデルとしては翌1991年にパイオニアから登場しました。30年に満たない間に簡単に手に入るようになったのです。監視カメラも同様のことがいえるようになるでしょう。現在の最新技術が民間に下り、そして一般家庭に入るまでそう長い時間はかからないはずです。また監視カメラや統括するシステムは簡素化され一般家庭で使うことはそう難しくはないのです。